ケイエスベクトー株式会社|電子機器業界に適応したソフト、ハード、ファームウェア、ネットワークソリューション設計・構築、製品加工を提供|KSVector Co.,ltd
フレキシブルサブラックは、終端機器一式を縦置きに設置可能な高密度集約型のサブラックです。
ケイエスベクトー株式会社|電子機器業界に適応したソフト、ハード、ファームウェア、ネットワークソリューション設計・構築、製品加工を提供|KSVector Co.,ltd

身近なクリーンエネルギー

 クリーンエネルギーといえば皆様はどのようなイメージがあるでしょうか。

私は、環境汚染に繋がることの無い太陽光や風力、水力、水素など自然エネルギー による地球に優しい発電方法をクリーンエネルギーと考えています。

上記は大枠で見た場合のクリーンエネルギーですが、今回は私たちにより近い分野で 注目されている身近なクリーンエネルギーを考察していきたいと思います。

まず第一に最も身近で最も環境汚染要因となっているモノはなんでしょうか…
そうです、車です。
私は営業職のため、ほぼ毎日のように車に乗って移動しています。
現代はバスや電車などの公共交通機関が発達しており、車での移動を絶対としないこと が増えてきていますが、それでも世の中の景気背景等をみると、車との関係は切っても 切れないものだと思います。

そんな中、車でのクリーンエネルギーとしては、ハイブリッド(HV)やプラグインハイブリッド(PHV)など様々な環境対応車が発売されており、最新だとトヨタ社のミライやホ ンダ社のクラリティといった水素を原料とした燃料電池自動車(FCV)が世の中に流通しています。

車体価格が高く、なかなか手が出しづらい分野ですが、世界で走る車が全てクリーンエ ネルギーで走る環境対応車に変われば、二酸化炭素の排出量が激減し、地球温暖化に対する最大の対処策になるのではないでしょうか。

まだ弊社の営業車は環境対応車に変更できていませんが、営業成績を上げ
ミライに乗り換えることができればいいな、と計画しております。。。

その他にも一般生活における身近なクリーンエネルギーとしては、実際に自宅でも使用しているIH機器等もありますが
こちらはまた別の機会にコラムを書こうと思います 。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。